スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リザードン育成講座

ネタ男「第四世代と比べるとアイテムを取られて出番が減っている感じがします」

ブラック「カムラの実が無いとはらだいこ型は厳しいだろうしな」

ネタ男「種族値紹介です。
体力78 攻撃84 防御78 特攻109 特防85 素早さ100」

ブラック「やれることは多いが必要なものが無かったり
特性サンパワーの入手は面倒だったりで結構型を考えるのは難しいぞ」

ネタ男「前にホームページの方で竜の舞両刀型を紹介しましたが、
今回は別の型を考えていきたいと思います」

ブラック「あれは選出さえできればいい働きをしてくれたんだがな、
結局選出しなかったケースの方が多かったか」

ネタ男「まあパーティがネタに走りすぎたこともありますが…」

ブラック「とにかく他の炎ポケモンとの差別化を図らないとな、
特殊型ならファイヤーにはできない気合玉を覚えさせればいいぞ」

ネタ男「竜の波導を持たせるなら幅広い範囲に攻撃ができますが、
主要なドラゴンを倒すには火力が不足している点が厳しいですね」

ブラック「先手取れても返しの流星群なり逆鱗なりで倒されそうだな」

ネタ男「タスキカウンターもカウンターを覚える低耐久ポケモンなら
だれでもできるのであえてリザードンでやる理由が無いですね」

ブラック「あえて言うなら素早さはそれなりにあるし
猛火発動で火力が上がるからやる理由はそこにあるか」

ネタ男「後は物理だとドラゴンダイブを覚えることができますね」

ブラック「爪とぎか竜の舞をしてからドラゴンダイブか、
それだけなら普通にドラゴンタイプのポケモンを使えばいいだけだが?」

ネタ男「物理だけで固めるならオノノクスでもボーマンダでもいいですが、
このポケモンには他にもれんごくを覚えることができますよ」

ブラック「それは元の命中率が50しか無いじゃないか」

ネタ男「爪とぎ一回だと約66%で広角レンズを持たせると約73%まで命中率が上がります」

ブラック「大体鬼火を当てるくらいの命中率になるのか」

ネタ男「同時にドラゴンダイブや気合玉も当たりやすくなるので型としてはありだと思います」

ブラック「正直運の強い人でもなきゃ怖くて使いにくそうだ」

ネタ男「とりあえず爪とぎ型を紹介しましょう
性格 おっとり
努力値 A4 C252 S252
持ち物 広角レンズ
技 爪とぎ ドラゴンダイブ れんごく 気合玉
素早さは補正無しの準最速を取らないとドラゴンダイブが使いにくくなります
肝心の命中率は爪とぎ後の前提なられんごく以外は
命中率100%を超えるので安心して攻撃できますね」

ブラック「これは特殊技メインの場合か、物理技メインにするなら
性格 さみしがり
努力値 A252 C4 S252
持ち物 命の珠
技 爪とぎ ドラゴンダイブ 地震 大文字
これがいいか、体力に努力値を振ったサザンドラを倒したければ
爪とぎと珠の補正が必要だし命中率を上げる広角レンズを持たせないなら
れんごくの命中率が低いから普通に大文字でいい」

ネタ男「ただ物理型で考えるとボーマンダでやればいいような気がしてきますね」

ブラック「一応タイプの違いがあるから無しではないと思うぞ?
リザードンならボーマンダと違ってメタグロスを倒し切れるしサザンドラの流星群を耐える可能性がある」

ネタ男「メタグロスは調整次第で耐えられてしまいそうですが、その分こちらも調整すればいいですか」

ブラック「ブラック・ホワイトの2作目が出るそうだしできることが増えるといいな」

ネタ男「それではこれで終わります」
スポンサーサイト
プロフィール

Netao

Author:Netao
ネタ男のポケモン講座の管理人です

本家サイトの更新状況と、バトルビデオの公開をメインにすることにしました。コメントは気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。