ゴウカザル育成講座

ネタ男「炎及び格闘タイプの最速ポケモンです」

ブラック「第四世代ではタスキ持ちが主流だったが今なら球を持たせたいな」

ネタ男「種族値紹介です。
体力76 攻撃104 防御71 特攻104 特防71 素早さ108」

ブラック「まあ両刀で使うのが普通だな」

ネタ男「インファイトと炎技は確実に入りますね」

ブラック「耐久のことを考えてもしょうがないから倒せる範囲の火力調整をした方がいいぞ」

ネタ男「第1案としてA124 C132と振る型がすでにwikiに載ってます」

ブラック「技もインファイトと大文字確定で残りを使いたい技から選択することになるな」

ネタ男「ストーンエッジや草結びにめざパ氷ですね、珠型では先制技を使いにくいでしょう」

ブラック「めざパ氷で竜対策になるかというと…交代際に打つ以外は少し怖いぞ」

ネタ男「確かに元の素早さでは勝ってますが、氷四倍相手はスカーフ持ちが多いですからね」

ブラック「相手の攻撃1発で倒される耐久だから安定はしないぜ」

ネタ男「よく対策が難しいとされる理由は覚える技の範囲が広いからなんですよね、
地震はもちろんのこと雷パンチやとんぼ返り、シャドークローにアクロバット、
アンコールやステルスロックの補助もできますし、剣の舞や悪巧みで積むことも可能です」

ブラック「耐久の無いゴウカザルでサポートや積み技を使いたいかどうかは別だがな、
あとがむしゃらと先制技のコンボもできるから
ステルスロックを撒いてがむしゃらのコンボは有効だと思うぞ」

ネタ男「それはつまりこんな技構成ですね
性格 臆病
努力値 C252 D4 S252
持ち物 気合のタスキ
技 ステルスロック がむしゃら しんくうは 大文字
いくら耐久が低めと言っても必ず体力が1にまで減るとは限らないので注意しましょう」

ブラック「ゴウカザルの利点である技の範囲を減らしているのも少し痛いか」

ネタ男「うまくいけば本来倒しにくいラティオスやスターミーも倒せなくはないですが」

ブラック「面白そうだが使いにくそうだ」

ネタ男「折角だからwikiに無い型をと思ってローキックでも
使わせてみようかと考えていたらネタwikiに載ってました」

ブラック「とりあえず紹介するが
性格 陽気
努力値 A252 D4 S252
持ち物 気合のタスキ
技 猫騙し ステルスロック ローキック アンコール
完全にサポート型だな、タスキ潰しは霊以外ならまずできるし後続に積み型のカイリューでも
入れておけばゴウカザルそのものに火力は無くても十分活躍はできる」

ネタ男「サポート型の価値は後続が活躍できるかどうかで決まりますからね、
タスキ潰しに素早さ低下、技の固定ができるなら優秀ですね」

ブラック「ちなみにこの技構成はゴウカザル以外だとドーブルにしか使えない」

ネタ男「素早さで上回っているので何かの劣化扱いにはならないでしょうね」

ブラック「後は猫の手を覚えるぞ、これで控えの技を工夫しておけば
Vジェネレートやキノコの胞子を使うこともできたりする」

ネタ男「素早さ種族値108で必中催眠技を使われたら厳しいにも程がありますね、
ニトロチャージで素早さが上がったらもうどうしようも無いです」

ブラック「とりあえず色々と使える技が多いということだけは分かったな」
スポンサーサイト
プロフィール

Netao

Author:Netao
ネタ男のポケモン講座の管理人です

本家サイトの更新状況と、バトルビデオの公開をメインにすることにしました。コメントは気軽にどうぞ。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR